マスターボールの中の人

マスターボールの中の人


ペニスに命中

Category: BOOKS   Tags: BOOKS  
新潮 2014年 01月号 [雑誌]
新潮 2014年 01月号 [雑誌]新潮 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/12/07)
不明

商品詳細を見る

新潮 2014年 01月号に掲載されていた、筒井康隆さんの短編、
「ペニスに命中」が、すっごい面白かったです。

蓮實重彦さんの、「『ボヴァリー夫人』論」が難しそうで、
買ったは良いモノの、まだ雑誌そのものを読んでいなかったのですが、

(文芸時評)歪んだ異世界:朝日新聞デジタル
昨日の、こちらの記事で紹介されていたので、まずは、そこだけ読んでみたら、大正解でした。

タイトルで検索したら、10月8日に脱稿した原稿だったのですね。
出来たてホヤホヤを読めるのも、文芸誌の楽しさです。

笑犬楼大通り 偽文士日碌(10月8日付けの日記に飛びます)

・・・で、12月19日付けの、最新の日記を読んでみると、
南山宏さんの新訳「宇宙のランデブー」のオビの推薦文を書いたと言う記述が。

宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))
宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))
(1985/09)
アーサー・C・クラーク

商品詳細を見る

1985年に出版された文庫本なので、そこから計算すると、
30年弱の時を経ての新訳ってことで、今から発売が楽しみですwktk

最初は単行本で出ていたんでしょうから、正確には、もっと長い月日が経っているのでしょうけれど、
自分が初めて学生時代に読んだ時点で、既に文庫本だったので、単行本はわからず(悔

そして、前述の朝日新聞の記事に紹介されていた、
酉島伝法(とりしま でんぽう)さんの、『皆勤の徒』が、面白そうなので、
週末にでも、本屋さんで探してみたいと思っています。
皆勤の徒 (創元日本SF叢書)皆勤の徒 (創元日本SF叢書)
(2013/08/29)
酉島 伝法

商品詳細を見る


皆勤の徒皆勤の徒
(2013/12/20)
酉島 伝法

商品詳細を見る

皆勤の徒 [Kindle版] には、オマケが増えてるみたいですねw
(ツイッタのリンク画像はちょっとグロイので、苦手なかたは御注意をば)

この方は不勉強ながら存じ上げなかったので、著者名で検索したら、
1970年生まれってことで同い年でした、なんか勝手に親近感。


読了済みながら、まだ感想を上手く書けないのが、
菅浩江さんの、『誰に見しょとて』
誰に見しょとて (Jコレクション)誰に見しょとて (Jコレクション)
(2013/10/25)
菅 浩江

商品詳細を見る

「すっごい良い小説だった」ってのは確実に言えるので、未読のかたは是非。


テーマ : 読んだ本の感想等    ジャンル : 小説・文学
MikuMikuDanceマスターパックDX (晋遊舎ムック)
MikuMikuDanceマスターパックDX (晋遊舎ムック)MikuMikuDanceマスターパックDX (晋遊舎ムック)
(2013/09/27)
不明

商品詳細を見る

発売されましたね。
地方だと、一日遅れなので、28日発売でした。

初期の頃は、【晋遊舎】Windows100% を毎月買って、
新しいモデルにホクホクしていたのですけれども、最近は、
「月刊の発売日にまで買ってでも、お迎えしたい!」
・・・って感じの子の割り合いが少なかったので、
こうやって、まとめてムックで出版して頂けると、本当に助かります。


個人的に、かこみきさん家の子たちの、データ修正が嬉しいです。

MikuMikuDanceスターターパック
MikuMikuDanceスターターパックMikuMikuDanceスターターパック
(2010/06/24)
不明

商品詳細を見る
シリーズ的に、最初の、このムックが出てから、
すでに3年以上経っている事に気付いて、ビックリしました。
時の流れの、何と、はやいことよ。


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
PさんのためのPMDエディタの本 MikuMikuDanceモデルセットアップ入門
PさんのためのPMDエディタの本 MikuMikuDanceモデルセットアップ入門PさんのためのPMDエディタの本 MikuMikuDanceモデルセットアップ入門
(2013/08/22)
でで、かんなP 他

商品詳細を見る
発売日は昨日ですけれど、こちらは今日搬入なので、
今日の帰りに本屋さんに寄るのを楽しみにしていたりwktk

モデリング知識が一切無いので、この本は勉強になりそうです。
書いているのが、ででさんって言うのも、信頼と安心感が。


テーマ : ニコニコ動画    ジャンル : サブカル

永遠の森 博物館惑星

Category: BOOKS   Tags: BOOKS  
永遠の森 博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)
永遠の森  博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)永遠の森 博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)
(2004/03/09)
菅 浩江

商品詳細を見る

普段の動画の芸風とは違って、
自分は、なるべく目立たないで地味に生きたいタイプの人で、
世間様の喧騒から離れて、穏やかに楽しみたいって理由で、
Twitter でも、いわゆる日本の著名人は基本的にフォローしていません。

外国のアーティストの公式アカウントは、フォローを返していないのが、ほとんどですし、
万が一、フォローを返されても、「まさか日本語を読まないだろう」っていう甘えがあって、
本当に自分が好きな人を、極少数、フォローしています。

そんな中、先日、ひょんな事から、自分の好きな作家さんの一人である、
菅 浩江さんから、フォローを頂き、畏れ多さに慄いてしまったのですが、
これもネットの時代の、折角の御縁と思い、
清水の舞台から飛び降りる感じで、フォローを返しました。

同じく、菅 浩江さんのファンである妻に、かなり羨ましがられて、
ちょっと得意になったりもした、馬鹿な男であります。


・・・で、そうなると何となく照れが入ってしまって、
さんの本を、何とはなしに、読めずにいました。

でも、やっぱり好きな作家さんの本を、
そんな理由で読まないのは、とっても損な事なので、
意を決して、一番、大好きなこの本を、久しぶりに読みました。
(ちなみに自分が持っているのは、2000年7月初版の単行本です)

この小説に出てくる登場人物は、みんな大好きなんですけれど、
自分は主人公の田代孝弘の妻の美和子さんが、とても大好きです。

美和子さんほど純粋で素敵な人間では勿論、無いのですが、
何かを見た時に、理屈じゃなくて素直に「綺麗ね」って思う感覚って、
とっても自分に近いので、親近感が持てるんです。

単純に、難しい理屈を考える事が出来るほど、
オツムが良くないって理由なんですけれど、自分の場合は・・・w


久々に読了して、序盤から伏線を張っていた、ある事に、
最終話で、素敵な回収をする、このお話、
素敵だなぁって、また思いました。

読み終わって、妻をもっと大事にしないとなって思いました。
あと、これから歳をとっても、素直に「綺麗ね」って思いたいな・・・って、感じました。
テーマ : 読書感想文    ジャンル : 小説・文学

マイクロワールド

Category: BOOKS   Tags: ---
マイクロワールド (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
マイクロワールド (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ)マイクロワールド (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2012/04/20)
マイクル クライトン、リチャード プレストン 他

商品詳細を見る

マイクロワールド (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
マイクロワールド (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ)マイクロワールド (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2012/04/20)
マイクル・クライトン、リチャード・プレストン 他

商品詳細を見る

発売日に購入はしていたものの、ずっと積んでいて読んでいなかったのを、やっと読了。

クライトンの死後パソコンから発見された未完の遺稿を、
リチャード・プレストンが書き継いだ小説です。

アウトブレイク [Blu-ray]アウトブレイク [Blu-ray]
(2010/04/21)
ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ 他

商品詳細を見る

この映画の原案になった、下記の本の作者さんって言えば、分かりやすいかしらん?

ホット・ゾーン―恐怖!致死性ウイルスを追え! (小学館文庫)ホット・ゾーン―恐怖!致死性ウイルスを追え! (小学館文庫)
(1999/03)
リチャード プレストン

商品詳細を見る

未完結の遺構を扱うのって、とても気を使うでしょうし、
何処まで自分を出すかにも、神経を擦り減らす事が、想像に難くない中、
よくぞ仕上げてくださって、ありがとうございますって感じでした。

では、「手放しで面白かったのか?」と、問われれば、
正直な感想としては、「いま一歩及ばず」な印象でしょうか。

叶わない夢とは知りつつも、マイクル・クライトン本人が、この小説を完結させていたら、
・科学の整合性の為に、どんな嘘を重ねて説得力を持たせたのか。
・第二部ラストでの、あの人物の退場のさせかたは、アレで良かったのか。
・ラストのスペクタルは、本当ならば、どの動物と、どんな感じにしたかったのか。

っていうのが、とても気になりました。

そしてラスト近くで伏線を張って回収しないまま終わった事にも、ちょっと残念な印象を持ちました。
リチャード・プレストンさんが続編を書きたいから、そうしたのか、
それとも映画シリーズ化を見据えての事なのかなって、ちょっと嫌な勘繰りをしてしまいます。

アンドロメダ病原体〔新装版〕(ハヤカワ文庫NV)
アンドロメダ病原体〔新装版〕(ハヤカワ文庫NV)アンドロメダ病原体〔新装版〕(ハヤカワ文庫NV)
(2012/04/06)
マイクル・クライトン

商品詳細を見る

こちらの新装版も、購入しておきながら、まだ読んでいなかったので、
いまひとつ不完全燃焼だったマイクル クライトン節を、この本で楽しみたいと思います。

『ジュラシック・パーク』 の単行本を発売日に購入して、心躍らせながら読んでいた日々が懐かしいです。


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
プロフィール

マスターボールP

Author:マスターボールP



Twitter tumblr. pixiv





 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
検索フォーム
 

Archive RSS Login